不貞行為を行った配偶者から離婚を請求できるのですか。

不貞行為を行った配偶者(以降「有責配偶者」とします)の方から,離婚を請求することができるかというのは,離婚の裁判において問題となる点です。
自ら夫婦関係にきずを入れておきながら,一方的に離婚を求めることを許して良いのかという意識が,裁判所にもあるからです。
そこで,裁判所は,相手方配偶者も離婚を望んでおり,離婚をしても生活に困窮しないといえる場合等に限って,有責配偶者からの離婚請求を認めています。
具体的には,①夫婦の別居が両当事者の年齢及び同居期間との対比において相当の長期間に及んでいること、②その夫婦間に未成熟の子(未成年というわけではなく,高校卒業程度までの年齢の子をいうことが多いようです)が存在しないこと、③相手方配偶者が離婚により,精神的・社会的・経済的にきわめて過酷な状態に置かれないことの条件を満たす場合に認めています。

アクセス

JR新宿駅南口徒歩2分

東京都渋谷区代々木2丁目6-9
第2田中ビル4階(地図はこちら

交通

  • JR、京王線、小田急線、都営地下鉄「新宿駅」 南口徒歩2分
  • 東京メトロ丸ノ内線「新宿駅」徒歩5分

債務整理の無料相談(24時間受付)

借金問題で弁護士をお探しの場合

相談は何度でも無料です

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

刑事事件の無料相談(24時間受付)

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

離婚法律相談

皆様と弁護士と二人三脚で問題の解決へ進みます

離婚協議書作成とメールによる話し合いサポート

相続法律相談

新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応

新宿を起点とする沿線都市に出張相談可(日当+交通費をいただきます)

交通事故無料法律相談

保険会社の言いなりにならない解決、適正な損害賠償額を目指すためにサポートいたします