民法に規定している離婚原因の「強度の精神病にかかり,回復の見込みがないとき」とはどのようなものを意味するのですか。

「強度の精神病」とは,夫婦の共同生活が健全に送れない程度,すなわち,同居し協力し扶助しあうことが十分にできない程度に達している精神病のことをいうとされています。
いわゆるノイローゼやアルコール中毒などは,ここにいう精神病にはあたりません。「回復の見込みがない」とは,言葉のとおり不治であるということで,専門医の診断を踏まえて裁判所が判断します。
以上述べたことからも分かるとおり,認められる場合がかなり限定されている離婚原因ですが,「強度の精神病」または「回復の見込みがない」と認められなかったとしても,「その他婚姻を継続し難い重大な事由」として離婚原因になることはあるでしょう。

アクセス

JR新宿駅南口徒歩2分

東京都渋谷区代々木2丁目6-9
第2田中ビル4階(地図はこちら

交通

  • JR、京王線、小田急線、都営地下鉄「新宿駅」 南口徒歩2分
  • 東京メトロ丸ノ内線「新宿駅」徒歩5分

債務整理の無料相談(24時間受付)

借金問題で弁護士をお探しの場合

相談は何度でも無料です

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

刑事事件の無料相談(24時間受付)

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

離婚法律相談

皆様と弁護士と二人三脚で問題の解決へ進みます

離婚協議書作成とメールによる話し合いサポート

相続法律相談

新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応

新宿を起点とする沿線都市に出張相談可(日当+交通費をいただきます)

交通事故無料法律相談

保険会社の言いなりにならない解決、適正な損害賠償額を目指すためにサポートいたします