遺産分割協議が成立した後に、相続人の一人が遺書を隠していたことがわかりました。遺産分割協議の内容は、遺書とは異なるものである場合、遺産分割の効力はどうなりますか。

不当な目的をもって遺書を隠匿することは、その相続人が相続人となれなくなる相続欠格事由に当たり、遺書を隠匿した相続人は相続を受けられなくなります。
遺産分割協議の効力ですが、遺産分割協議が公序良俗違反として無効になったり、錯誤により無効となったり、詐欺によって取消される可能性が出てきます。

アクセス

JR新宿駅南口徒歩2分

東京都渋谷区代々木2丁目6-9
第2田中ビル4階(地図はこちら

交通

  • JR、京王線、小田急線、都営地下鉄「新宿駅」 南口徒歩2分
  • 東京メトロ丸ノ内線「新宿駅」徒歩5分

債務整理の無料相談(24時間受付)

借金問題で弁護士をお探しの場合

相談は何度でも無料です

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

刑事事件の無料相談(24時間受付)

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

離婚法律相談

皆様と弁護士と二人三脚で問題の解決へ進みます

離婚協議書作成とメールによる話し合いサポート

相続法律相談

新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応

新宿を起点とする沿線都市に出張相談可(日当+交通費をいただきます)

交通事故無料法律相談

保険会社の言いなりにならない解決、適正な損害賠償額を目指すためにサポートいたします