私は、被相続人の父の生前、父から不動産の譲渡を受けたことがありますが、他の相続人から相続する相続分のないことを証明する旨の文書に署名押印をするようにと言われています。どうすべきでしょうか。

相続する相続分のないことを証明する旨の文書は、特別受益者が特別受益を受けた結果、具体的な相続分がなくなっとことを証明するもので、特別受益証明書などと言われる文書です。この文書の目的は文書署名者を遺産分割対象者から除外して遺産分割に擁する時間を短縮したり、特定の相続人に遺産を取得させるため利用されます。この文書は、相続登記の原因証書となるため、印鑑証明を添付して相続による所有権移転登記を申請することができます。この文書を作成してしまうと、後日特別受益にもかかわらず自分の相続分があることを主張することができなくなりますので、特別受益があっても相続分を主張する意思があればこの文書の作成を拒否すべきです。

アクセス

JR新宿駅南口徒歩2分

東京都渋谷区代々木2丁目6-9
第2田中ビル4階(地図はこちら

交通

  • JR、京王線、小田急線、都営地下鉄「新宿駅」 南口徒歩2分
  • 東京メトロ丸ノ内線「新宿駅」徒歩5分

債務整理の無料相談(24時間受付)

借金問題で弁護士をお探しの場合

相談は何度でも無料です

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

刑事事件の無料相談(24時間受付)

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

離婚法律相談

皆様と弁護士と二人三脚で問題の解決へ進みます

離婚協議書作成とメールによる話し合いサポート

相続法律相談

新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応

新宿を起点とする沿線都市に出張相談可(日当+交通費をいただきます)

交通事故無料法律相談

保険会社の言いなりにならない解決、適正な損害賠償額を目指すためにサポートいたします