相続

1 相続の種類

(1)単純承認

被相続人の不動産等の財産や借金等の義務をすべて承継するものです。

特別な手続は必要ありませんが、相続開始を知った日から3か月以内に限定承認や相続放棄を行わない場合、遺産の一部を処分してしまったなどの場合には、単純承認したものとみなされます。これを法定単純承認と言います。被相続人の負債が大きくて相続放棄を検討されている方は法定単純承認とならないよう十分に注意ください。

(2)限定承認

相続財産の範囲内で被相続人の債務を承継するものです。相続開始を知った日から3か月以内に、相続人全員が、家庭裁判所に対し申述することです。なお、限定承認の場合には、免除された被相続人の債務で本来承継予定であった債務について免除益課税がなされるため、思わぬ多額の税金が課税されることがあり、場合によったら相続放棄した方がよい場合もあるため、税理士によく相談されることをお勧めします。

(3)相続放棄

相続人が、被相続人の権利義務を一切承継しないという意思表示です。

相続開始を知った日から3か月以内に、家庭裁判所に対し申述して受理されることが必要であり、相続放棄者は最初から相続人でなかったことになります。3か月内に相続放棄の手続きを失念した場合や単純承認した後に当時分からなかった債務が判明した場合でも、家庭裁判所に事情を記載した相続放棄申立てをすれば、家庭裁判所の判断で相続放棄が認められることもあります。この場合には弁護士に依頼することをお勧めします。なお、3カ月以内で相続放棄するか否か判断できない場合には、家庭裁判所に熟慮期間の伸長の申立てをすれば、その理由が正当であれば(たとえば、財産調査に時間を要するとか、負債調査に時間を要するなど)、熟慮期間の伸長が認めれます。

相続放棄した結果、新たに相続人となる方がいることが通常です。その場合にはその方も相続放棄をする必要が生じます。
この繰り返しによって、だれも相続人がいなくなった場合には、債権者など利害関係人が家庭裁判所に申し立てして家庭裁判所に相続財産管理人を選任してもらい、その管理人が相続財産の換価処分をして債権者への返済などを行うことになります。

2 遺産分割手続

(1)被相続人の遺言書がある場合

遺言の内容に基づいて遺産を分割します。

遺言の作成方法には、自筆証書遺言、秘密証書遺言、公正証書遺言の3種類があります。

ア 自筆証書遺言

遺言者が、遺言書の全文、遺言の日付、氏名を自分で書き、押印して作成します。
誰にも知られず、簡単に費用もかからず遺言書を作成できますが、方式不備で無効とされる危険性や偽造・変造あるいは破棄される危険性もあります。

イ 秘密証書遺言

遺言者が、遺言内容を秘密にした上で遺言書を作成し、公証人や証人の前に封印した遺言書を提出して作成します。
自筆証書遺言と異なり、遺言書を自分で書く必要はありませんが、遺言内容が第三者に知られてしまう危険性があります。

ウ 公正証書遺言

遺言者が、証人2人以上の立会いの下で遺言の内容を公証人に伝え、公証人がこれを筆記し、その内容を読み聞かせ、筆記の正確なことを承認した全員が署名押印して公正証書により作成します。
公証人は、公証人役場において公正証書の作成等を行う公務員ですので、内容的に適正な遺言ができること、遺言の意思確認ができるため無効等の主張がされる可能性が低いこと、公証人が遺言書の原本を保管するので破棄・隠匿のおそれがないといったメリットがあります。公正証書遺言がなされているかどうかは公証役場に出向いて法定相続人であることを除籍謄本などや免許証で証明すれば、公証役場にて公正証書遺言があるかどうかを調べてもらえます。
生命保険の受取人を法定相続人以外にしたい場合には公正証書において生命保険の受取人を変更することができます。

遺言書の検認
公正証書遺言を除き、遺言書の保管者は、相続の開始を知った後、遺言書を速やかに家庭裁判所に提出し、検認を請求する必要があります。また、封印のある遺言書は、家庭裁判所で相続人等の立会いがなければ開封できないことになっています。
なお、検認は、相続人に対し遺言の存在及びその内容を知らせるとともに、検認日現在における遺言書の内容を明確にして遺言書の偽造・変造を防止するための手続であり、遺言の有効、無効は判断されません。

(2)被相続人の遺言書がない場合

相続人の全員の協議あるいは法定相続分に基づいて遺産の分割内容を定めます。

法定相続分の割合
相続人が配偶者と子 配偶者:2分の1、子:2分の1
相続人が配偶者と父母 配偶者:3分の2、父母:3分の1
相続人が配偶者と兄弟姉妹 配偶者:4分の3、兄弟姉妹:4分の1

ア 協議による分割

共同相続人全員の合意により遺産を分割するものです。
合意が成立した場合には、後日の紛争を回避するため、相続人全員が署名・押印した遺産分割協議書を作成しておくのが一般的です。また、不動産の相続登記を行う際には遺産分割協議書が必要となり、この場合には実印及び印鑑証明書添付が必要になります。遺産に不動産が含まれている場合はもとより、そうでない場合にも、真正に成立したことを明確にするため、実印の押捺及び印鑑証明書の添付をお勧めします。

イ 調停による分割

相続人間の協議がまとまらない場合、家庭裁判所に遺産分割調停を申し立てます。
調停手続では、調停委員や家事審判官が、各当事者の意向を聴取して、解決案を提示したり、必要な助言を行って、合意に向けた話し合いが進められます。

ウ 審判分割

遺産分割調停が不成立になった場合には、自動的に審判手続が開始され、家事審判官(裁判官)が、遺産に属する物又は権利の種類及び性質、各相続人の年齢、職業、心身の状態及び生活の状況その他一切の事情を考慮して審判が行われます。なお、審判内容に不服がある場合には、高等裁判所に即時抗告を行うことができます。

3 遺産の分割方法

ア 現物分割

個々の財産の形状や性質を変更することなく分割するもので原則的な方法です。遺産に不動産がある場合に、その不動産を共有とした場合には後日何かと不都合が生じますので、遺産分割協議時点でどなたかの単独所有とすることをお勧めします。

イ 代償分割

一部相続人に法定相続分を超える財産を取得させた上で、他の相続人に対する債務を負担させる方法です。不動産が遺産に含まれていた場合にはこの方法によることが多いと思います。

ウ 換価分割

遺産を換金して価格を分割する方法です。不動産による場合にはこの方法がとられることが多いです。

エ 共有分割

具体的相続分による共有取得とする方法です。もっとも、共有ですと後日何かと不便が生じますので、単独所有権とし、他の相続人には金銭を支払う方法か、代償分割が望ましいと思います。

4 遺留分減殺請求

遺留分とは、一定の相続人のために、法律上取得することを保障されている相続財産の一定の割合(相続財産の2分の1、父母のみが相続人の場合は3分の1)のことをいい、被相続人の生前の贈与又は遺贈によっても奪われることのないものです。遺留分を侵害された場合、贈与又は遺贈を受けた者に対し、遺留分を侵害された限度で遺贈又は遺贈された物件の返還を請求することができます。

なお、遺留分減殺請求は、相続開始及び減殺すべき贈与又は遺贈のあったことを 知ったときから1年又は相続開始のときから10年を経過したときは行うことができなくなります。

遺留分減殺請求をするに当たっては内容証明郵便兼配達証明郵便にて行うことをお勧めします。

5 遺産分割、遺留分減殺請求のポイント

分割対象となる遺産の範囲をどう考えるかが重要です。

被相続人が特定の相続人と同居などしていた場合には他の相続人には被相続人の財産がどのように生前使用されていたか知ることができず、仮に生前贈与などが同居の相続人に対してなされていた場合にはそれを見つけ出すことは容易ではありません。そのような場合には弁護士に依頼することをお勧めします。

同時に、相続人の一部が被相続人の世話をしていた場合には寄与分と言って、その分遺産分割による取得分が増加することがあります。

他方、遺産のうちに不動産がある場合にはその不動産の評価が問題となってきます。不動産の評価は多くは大手不動産会社の査定によりますが、不動産鑑定士による私的鑑定によることもあります。特別受益、寄与分などを基にして、被相続人の遺産の範囲を特定します。すなわち、遺産≒被相続人名義の財産+特別受益-寄与分となります。

  • 痴漢・盗撮弁護特設サイト
  • 債務整理総合相談室
  • 交通事故・弁護士相談室
  • 離婚相談特設サイト
  • 刑事弁護
  • 相続相談
  • 法人破産特設サイトオープン
  • 少年事件相談室

アクセス

JR新宿駅南口徒歩2分

東京都渋谷区代々木2丁目6-9
第2田中ビル4階(地図はこちら

交通

  • JR、京王線、小田急線、都営地下鉄「新宿駅」 南口徒歩2分
  • 東京メトロ丸ノ内線「新宿駅」徒歩5分

債務整理の無料相談(24時間受付)

借金問題で弁護士をお探しの場合

相談は何度でも無料です

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

刑事事件の無料相談(24時間受付)

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

離婚法律相談

皆様と弁護士と二人三脚で問題の解決へ進みます

離婚協議書作成とメールによる話し合いサポート

相続法律相談

新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応

新宿を起点とする沿線都市に出張相談可(日当+交通費をいただきます)

交通事故無料法律相談

保険会社の言いなりにならない解決、適正な損害賠償額を目指すためにサポートいたします